女子高生の乳首弄りをする為にアマギフ2万円分を先渡し

キューティーにも程がある裏垢女子に、アマギフ2万円分を先渡ししました。
待ち合わせは速攻で、女子高生の乳首弄りをしまくれると思っていました。
ですが、結果はそうじゃありませんでした。
僕がギフト券番号を教えたとたん、相手との連絡が取れなくなったのです。
それまでは、とてもレスポンスよくやりとりしていたのに、ギフト券番号を教えた途端でした。
相手の子から、一切連絡がやって来なくなりました。
気が付いたら、アカウントも消えてしまうのです。
さすがに衝撃を覚えました。

 

 佐倉は僕の飲み友達です。
自宅近くの、小さな居酒屋に通っている時、知り合った男。
同い年で、見た目はそこそこ。
僕との大きな違いと言えば、佐倉は一部上場企業で仕事をしているってことぐらい。
仕事の付き合いではないので、一緒にいる時間はなかなか気軽な気分で接することができる相手でした。
その日も、一緒に酒を飲みながら、あれこれと無駄話をしていた時のこと。
彼の口から「最近は、ネットでアマギフ詐欺が随分流行ってるらしいな」と、飛び出してきたのです。
「それ、何の話?」
「ああ、ギフト券詐欺だよ。先払いでギフト券を支払えば、セックスさせるって言って、先渡しさせてからドロン」
はっとしました。
「あの、その経験、僕もついこの間…」
「えっ宗川ちゃん(僕の名字)、ギフト券詐欺に騙されちゃってたの?」
「そういうの、初めて聞いた…」
「もしかして、ネトナンとか初めて?」
「うん、初体験だったんだよね…Twitterで」
「そ〜か、ビギナーは、こういった詐欺に騙されやすいからな。援デリなんて言う詐欺行為もあるし」
「ネトナンって、そんなに危険?」
「ああ、本当に悪質な奴らが多いから、注意が必要」
自分が経験したのが、ギフト券詐欺だと分り、激しく落ち込みました。

 

 JKと関係を持ってしまうと、最終的には逮捕される。
この言葉を聞き、さらに恐怖心を覚えてしまった僕だったのです。
「やっぱり、法律はちゃんと守らないとね!18歳以上なら大丈夫だから」
僕の経験したことを、知ってか知らずか、飲み友達はつらつらと語っていました。

 

 気恥ずかしい気持ちはあったのですが、何だか詳しそうな気がしたので、佐倉にそれとなくセフレの作り方を聞いてみることにしました。
すると「決して、難しくはないんだよね。やり方さえ間違わなければだけど」と、言い出したのです。
「できれば、詳しく。実は不満がヤバくて、タダマンしたいんだけど」
彼はにっこり頷きながら、その後、あれこれと語り出してくれたのです。

定番サイト登録無料

乳首責め希望の女子を見つけてセフレにするなら

page top